置き忘れたメモ帳

勉強もしたい、きれいになりたい、お金も貯めたい、趣味も楽しみたい・・・そんなわがままな現役女子大生がどこかに置き忘れたメモ帳です

ブログタイトル

【整形】二重整形を上手くごまかすコツ【二重埋没法】

f:id:okiwasure:20191111204622p:plain
プロフィールでもご紹介したように、あおいはとには整形経験があります。

 

その中の1つに「二重埋没法」があります。

 

二重埋没法は価格もお手頃で手術時間も短くプチ整形として最も人気がある整形の一つです。

最近の女優さんやアイドルはみんなぱっちり二重ですもんね~

今回は私の経験をもとに、プチ整形として人気の二重埋没法を周囲に整形だとばれないよう、上手くごまかすコツを皆さんに伝授しようと思います。

 

 

はじめに(基本事項)

 「二重にしてぱっちりしたきれいな目になりたい」と変化を求めて整形してみようと思っても、

「周りには気付かれたくない・・・」という矛盾した2つの気持ちを抱いて、結局整形を諦めてしまう方が多いのではないでしょうか?

 

二重整形を考えているみなさん!初めに言っておきますが、

 

変化を望むのであれば、周囲に変化を気づかれないようにすることはまず無理です。周りが気が付かないような変化をするだけの整形ははっきり言ってもったいないです。

 

「生まれつきこの顔です」といった感じで過ごすことが出来れば良いのですが、周りの人の記憶は消せませんし、進学・就職などで環境を一掃しない限りこれは難しい話です。

それじゃあ、やっぱり整形だってばれちゃうんだ・・・

 いえいえ違います!そもそもゴールの設定が間違っているんです!!

 

「なんか変わったけど、具体的にどう変わったかって言われると分からない・・・」もしくは「なんか変わったけど、整形なのかどうかは分からない・・・」と思ってもらえることを目標に設定するんです!

私はこれで二重埋没を上手く誤魔化すことができました。

 

ごまかしたい私たちがすべきこと

では、そのように思ってもらうために私たちがすべきことは次の3点+小技です。

  1. 似合う二重幅を選ぶ
  2. 会えない期間を長くとる
  3. 目元以外の変化に注目させる

順番に解説していきます。

1. 似合う二重幅を選ぶ

f:id:okiwasure:20191111201356p:plain

 広い二重幅にあこがれる人は多いでしょう。しかし、そもそも日本人には広い二重幅、特に並行二重は似合いません。

 なぜかというと多くの日本人には蒙古襞という襞があり、この襞があると末広型二重、襞がないと並行型二重になると言われています。

この襞に逆らってむりやり幅を広げ、並行型の二重を作ろうとすると不自然な形になります。二重整形に詳しい人から見れば一目で整形だとすぐに分かるほどです。(二重の仕組みについては美容外科のHPを見てみてください)

 

 また、幅を広くとりすぎるとかえって黒目がみえる範囲が小さくなったり、眠そうな目になったり、上手く二重が折りたたまれずぷっくりとした二重、いわゆる「ハム目」になったりします。

 

 このように幅を広くとると明らかな整形二重になるリスクが高いので、上手くごまかすためには末広型二重をおすすめします。※ただし蒙古襞が少なく並行二重が可能な方はその限りではありません。

幅を広げればいいってもんじゃないのね

 カウンセリングの際に「自然な二重がいい」「私にいちばん似合う二重がいい」「黒目がいちばん大きくみえる二重がいい」などとオーダーをしたり、ナチュラル志向のいクリニックを探して見ましょう。

 

2. 会えない期間を長くとる

f:id:okiwasure:20191111202803j:plain

 これは相手に自分の顔の記憶をあいまいにさせておくことで、多少変化を感じても「こんな顔だったっけな・・・?しばらく会ってなかったしこんなもんか」というように納得してもらえる可能性が高まります。

 また、ダウンタイムを十分にとることで腫れを引かせ、より自然な目元にしておくという点においても重要になります。

 

 二重埋没法のダウンタイムは1週間程度と言われていますが、可能なら2週間とっておくと安心です(腫れの引きには個人差があるため)。記憶をあいまいにするということを徹底させるのなら1ヶ月程ておいた方がいいでしょう。

学生であれば、夏休み・冬休み・春休みの初日に手術をして、ダウンタイムをMAXとっておくのが最善手ね!

 

3. 目元以外の変化に注目させる

 これは目元以外に注目させることで、目元の変化を目立たなくしたり、印象の変化の原因をあいまいにするという効果があります。

 具体的にどのようなことをすればいいのかというと

  • ダイエットする
  • イメチェンと同時に行う

などです。

 重量の損失, 重量, 栄養, スケール, 体重管理, 太りすぎ, 重量不足, 体重減少, 水平, 巻尺

ダイエットが最大の整形とも言われるように、人の印象を大きく変えることができる方法ですので、「印象が変わったのは痩せたからか」と思ってもらえる可能性はとても高くなります。

実際に痩せたことで二重になったという人もいるくらいですから、万が一「整形??」と疑われても言い訳ができます。

 ただしダウンタイム中の短期間で目に見えるほど大幅に痩せるのは危険かつ困難なので、手術より前から少しづつ計画的にダイエットを始めることが必要です。

 

また、イメチェンとしておすすめなのは

  • 眼鏡をかける
  • 髪型をかえる
  • 服の系統を変える
  • メイクを変える

 などです。眼鏡をかけるとイメチェン効果+目元を隠す効果が期待できます!髪型は思い切り短くしたり、前髪を作ってみたりするといいでしょう。前髪を目元ぎりぎりにすれば、眼鏡同様に目元を隠す効果が期待できます。

ショッピング, 衣料品, 服, 不織布, ファブリック, シャツ, 高価です, ファッション, 購入, 高級

長いダウンタイムを利用して自分に似合う服やメイクの研究をするのもいいですよ※ただしメイクが可能になる時期はしっかり確認しておいてくださいね

 

その他小技

整形経験者や勘のいい人にはどうしても疑いの目を向けられます。そんなの時の為に念を入れて準備しておくのもいいかもしれません。

▶ダウンタイム明けを花粉症の季節に(春・秋)する

f:id:okiwasure:20191111203006j:plain

これは目が腫れぼったい、二重幅が広いことを指摘されたときに使える言い訳です。

「花粉症になっちゃって、、目いっぱいこすっちゃった、、、」といえば上手く言い逃れることができるかもしれません。

 

▶手術前にアイプチで理想の二重にして人に会っておく

これは手術後の整形二重をアイプチによる二重だと思い込ませるためのテクです。

いままでアイプチをしてなくて、ずっと一重でいた人が急にきれいな二重になると、やはり不自然に思われます。

「この子は二重にすることに興味があって、アイプチを使って二重にすることがあるんだな」と思わせておけば、手術後二重でいても「今日もアイプチかな?」「上手くなったのかな?」「癖がついたのかな?」と思ってもらえる可能性が高いです。

ただし手術前何日間はアイプチをしないでくださいとお願いされることがあるので、そこだけ確認しておいてくださいね。

 ▶付き合う友人を最小限にする

これはもう最終手段ですよね・・・(笑)

単純に関わる人が多いほど整形バレする可能性が高いので、付き合う友人を少なくするのは一つの手です。

 

まとめ

「二重整形を上手くごまかすコツ」いかがでしたでしょうか?

 

ごまかすコツをいろいろ紹介してきましたが、私自身はもっと整形がオープンになるといいなあと日々思っています。

コンプレックスが解消されて本人が前向きになれるのなら全く問題ないですから・・・

まだまだ日本では整形を快く思わない人が多いので、こうしてごまかす必要があるわけです。

 

これから二重整形を考えている方は参考にしてもらえると嬉しいです。

それではまた!

 

DT中の方はこちらもチェック↓

 

okiwasure.hatenablog.com