置き忘れたメモ帳

勉強もしたい、きれいになりたい、お金も貯めたい、趣味も楽しみたい・・・そんなわがままな現役女子大生がどこかに置き忘れたメモ帳です

ブログタイトル

はかり不要!大さじと計量カップだけ!重さを量らない料理法

f:id:okiwasure:20191129223151p:plain

料理をするときレシピには

薄力粉 100g

砂糖 30g

バター 30g

という表記がありますよね。


これをいちいち量るのは正直面倒ではありませんか?

洗わなければいけない食器も増えてしまいますし、
はかりを買ってもいいですが置き場所にちょっと困りますしね・・・

 

f:id:okiwasure:20191129223804p:plain

実は計量スプーン(大)計量カップだけあればいちいちはかりで重さを量らなくても済んでしまう方法があるんです!

 

ということで今回ははかりを使わないで重さを量りながら料理をする方法をご紹介します

 

これを習得できれば、重さをいちいち量らないで済むので、テンポよく素早く調理ができるようになりますよ!

 まずは確認

ここでは水を基準に、水より重たいもの(密度が小さいもの)を2つ、水と同じくらいの重さのもの(密度がほぼ同じもの)、水より重いもの(密度が大きいもの)の4つに分けて考えます。

 

前提として覚えておいてほしいのはコレです!

水は大さじ1=15g、1カップ=200g

水より重ければこの値より重く、水より軽ければこの値より軽くなります。


まずはこのことを理解してくださいね 

4つのカテゴリー

次は4つのカテゴリーにそれぞれに何が分類されるのか、大さじ1、1カップで大体何gなのかを見ていきます! 

水より軽いもの

f:id:okiwasure:20191128233533p:plain

➀粉類(粉っぽいもの)

大さじ1=約10g 1カップ(200ml)=約130g

  • 薄力粉
  • 強力粉
  • 片栗粉
  • 砂糖(上白糖)
  • ココアパウダー
②油

大さじ1=約12g 1カップ=180g

 サラダ油、オリーブオイル、ごま油、アマニ油など各種油はここに入ります。

③さらさらした液体(水っぽいもの)

大さじ1=約15g 1カップ=約200g 

f:id:okiwasure:20191128234740p:plain

密度がほぼ水と同じであると仮定しています。

  • 料理酒
  • みりん
  • ソース
  • 醤油
  • 牛乳
  • 生クリーム

④どろどろした液体

大さじ1=約20g 1カップ=約270g

f:id:okiwasure:20191128234002p:plain

  • ケチャップ
  • マヨネーズ
  • はちみつ

 

 

細かい値なんて覚えられないよ~~

細かいグラムを覚えるのが面倒という方はとりあえずこれだけ覚えましょう

 

水より軽いのは粉と油

水と同じくらい重いのはさらっとした液体

水より重いのはドロッとした液体

 

先ほども言いましたが、水より重ければこの値より重く、水より軽ければ水の値(大さじ1=15g、1カップ=200g)より軽くなります。

 

なので、例えば水よりも軽い薄力粉大さじ1なら15gよりやや軽い10gくらいかな…?1カップなら200gよりやや軽い150gくらいかな…?

 

というように大まかなグラム数を把握できますよ。

注意

ただ注意点としては、カテゴリー内の食品ごとにグラム数にばらつきがあり、正確な値とならないことがあります。

 

でも!料理はそんなに正確でなくていいんです!

 

あなたのおばあちゃんやお母さんが料理する時、はかりを使っていましたか?

目分量で調味料を入れていませんでしたか?

それでもおいしい料理が出来上がっていましたよね?

 

料理は科学ですが、科学実験ではないのでテキトーでいいんです
気楽に行きましょう

まとめ

以上「スケール不要!大さじと計量カップだけ!重さをはからない料理法」でした。

料理をするのが面倒という気持ちが少しでも小さくなればなと思います。

 

Point

●水は大さじ1=15g、1カップ=200g
●水より軽いのは粉と油
●水と同じくらい重いのはさらさらした液体
●水より重いのはどろどろした液体